【栗東TC】浅見 秀一厩舎訪問ツアー!

Merry Christmas xmas 栗東トレセンです。23日(水)、今年最後のGⅠイベント『有馬記念調教公開&浅見秀一厩舎訪問ツアー』を行いました。さっそく当日の模様をお伝えしていきますねhappy01

 

当日は快晴のもと、調教見学が始まりましたsun さすがは有馬記念ブエナビスタドリームジャーニースリーロールスアンライバルドフォゲッタブルリーチザクラウンなど有名馬の追い切りを間近に見ることができましたhorse

目の前の追い切りに皆さん興奮していると・・・、何とサプライズゲストの登場ですsign03

一人目は今年のジャパンカップウオッカを勝利に導いたクリストフ・ルメール騎手ですnote

Photo

フォゲッタブルに騎乗予定のルメール騎手に追い切り後の感想を聞いたところ「とても良い感触。乗り易いし、レースが楽しみだよ」そして「ぜひ単勝で買ってねsign01とのコメントでしたhappy01 また、お客様から英語で質問する場面もあり、会場は盛り上がりましたね~up

Photo_2

インタビュー後、ゴーグルにサインをしてくれましたpencil イベント終了後はお客様に抽選でプレゼントpresent そして、ルメール騎手の登場に興奮冷めやまぬ中、二人目のゲストが登場しましたsign01

有馬記念皐月賞アンライバルドに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手ですheart04

Photo_3

アンライバルドの追い切りは好感触だったようです。ルメール騎手と同じく単勝買ってねdollar 複勝じゃダメだよbleahとお茶目なデムーロ騎手。笑顔で話すデムーロ騎手に、会場の皆さんも思わず笑顔にhappy02

Photo_4

デムーロ騎手からもサインをいただきましたshine 

また、調教見学の終了間際、内田 浩一元騎手も駆けつけてくれましたsign01 現在は清水出美厩舎の調教助手として活躍される内田さんに、トレセンのあんな話やこんな話を伺いましたkaraoke

Photo_5

実は内田さん、時間があるときはお昼寝の時間を削って週末の施設見学会にも顔を出して下さってますdash 皆さん、施設見学会も要チェックですよsign03

 

施設見学と体験乗馬の後は、皆さんお待ちかねの浅見厩舎を訪問してきましたsign01

浅見調教師をはじめとして、厩舎スタッフの皆さん全員がお出迎えをしてくれましたheart01

Photo_6

まずは浅見秀一調教師にインタビューkaraoke 調教で気にかけること、パドックの見方、厩舎運営のモットーなどを伺いました。

「もう一度生まれ変わったら、調教師になりたいですか?」との質問では「レースで負けてがっかりすることは多いけど、勝った時がたまらない。生まれたときから競馬が身近にあったから、やっぱり調教師になりたいね」と浅見調教師の率直な答えを聞けましたear 

Photo_7

また、厩舎所属の田中 健騎手もインタビューに答えてくれましたscissors 「田中騎手にとって先生はどんな調教師ですか」との質問では「仕事では大変厳しい方。レース前の『勝ってこい』との指示はプレッシャーだけど、信頼されてるからと思っているし、期待に応えられるよう頑張っています」と、師弟の絆の強さを感じましたねhappy01

インタビューの後は、2グループに分かれて浅見厩舎の内部を案内してもらいましたsign01

Photo_9

1班は浅見恵一調教助手田中騎手に一頭ずつ説明してもらいました。小人数で案内してもらえるなんて、贅沢ですよね~happy02

Photo_10

2班は浅見調教師自らに案内してもらいましたscissors 浅見調教師のジョークに、案内中は笑いっぱなしでしたheart04

馬房見学の後はヤマニンエマイユを厩舎前に出してもらい、田中騎手が実際に騎乗して皆さんとの写真撮影会camera

Photo_11

実際に騎乗スタイルを間近に見ることができ、その格好良さに皆さん釘付けでしたlovely

最後には何と、参加の皆さん全員に浅見厩舎から素敵なクリスマスプレゼントpresent 皆さん何を貰ったんでしょうね~wink

Photo_13

今回は、桜花賞レジネッタをパチリcamera

 

以上、長くなりましたが有馬記念調教公開&浅見秀一厩舎訪問ツアー』の模様をお送りしましたpencil

そしていよいよsign01 今週12月27日(日)は今年最後を飾るグランドフィナーレ「第54回 有馬記念」が行われますsign03

皆さま、年末は有馬記念でお楽しみくださいね~happy01

【栗東TC】新規調教師・騎手合格発表

こんにちはeye 栗東トレセンです。

先日、平成22年度の調教師・騎手免許試験合格者の発表がありましたsign01 今年合格した新規騎手は6名、そのうち2名が栗東所属となりました。当日は新規騎手合格の記者会見に先立ち、栗東トレセン事務所前にて写真撮影が行われましたcamera

P1010843

新規騎手の川須 栄彦さん(写真左 所属:本田 優厩舎)と髙倉 稜さん(所属:崎山 博樹厩舎)。

とても初々しく、フレッシュさに溢れていますねhappy01

続いて、記者会見が行われました。たくさんの記者の方々が会場に集まり、会見がスタートしましたsign03

P1010854

大勢の報道陣に、緊張している様子が伝わってきます。

 

P1010868

記者の方々から「騎手になったきっかけ」「目標とする騎手」「今後の抱負」などたくさんの問いかけがあり、一つ一つ考えながら答える川須さんと髙倉さん。

P1010858

来月からプロとしてデビューするだけあり、緊張の中でも堂々と質問に答える姿はとても立派ですねlovely

 

引き続いて、新規調教師の方々をご紹介します。今年は9名の合格者があり、栗東所属は5名となりました。

P1010877

写真は左から高野 友和さん、千田 輝彦さん、角田 晃一さん、日吉 正和さん、牧田 和弥さん。

難関を突破した5人の新規調教師試験合格者に、報道陣からたくさんの質問が寄せられましたkaraoke

たくさんの方が自分を支えてくれたから、試験に受かることができた」と皆さんが話されていて、改めて、調教師試験は難しいんだなぁと感じましたbearing

P1010895

会見終了後に、5人集まっての記念撮影camera 将来の活躍を誓いますrock

 

新規調教師は、研修期間を経ての開業となります。開業までは、現役調教師のもとで技術調教師としてトレセンで研修を積むことになります。

対して、川須 栄彦さんと髙倉 稜さんは来月3月デビューですsign03 ぜひ応援してくださいねshine

【栗東TC】フェブラリーS調教公開&領家 政蔵厩舎訪問ツアー

こんにちはhappy01 2月17日、栗東トレセンではフェブラリーS調教公開&領家 政蔵厩舎訪問ツアーを行いました。2010年1発目のGⅠ調教公開、張り切ってお送りしますpen

 

出走メンバーがとても豪華な今年のフェブラリーS、追い切りでは数多くの“有力”と言われる馬を見ることができました。

活気あふれる調教風景を満喫していると・・・、サプライズゲストの登場となりましたsign01

テスタマッタに騎乗予定の岩田 康誠騎手ですsign03

Photo_19

追い切り前の、忙しい合間を縫って駆けつけてくれた岩田騎手。今年の目標を伺うと、「今年はリーディングを取りたい。頑張りますsign01との力強い抱負を聞くことができましたhappy01

参加の皆さんとの記念写真にも快く応えてくれた岩田騎手shine

Photo_20

帰り際には、ゴーグルやTシャツ(イベント終了後、参加の皆さんにプレゼントsign01)にサインをしてくれましたnote

 

続いてもう1人、サプライズゲストの登場ですsign01 フェブラリーSにてエスポワールシチーに騎乗予定の佐藤 哲三騎手ですsign03

Photo_22

昨年のジャパンカップダート調教公開に引き続いて登場してくれた佐藤騎手。エスポワールシチーと臨むフェブラリーSへの意気込みを伺います。「とても賢い馬。昨年より成長しています。」とのコメントに、静かな自信を垣間見た気がしましたscissors

インタビューと併せて、佐藤騎手から記念写真やサインなど、参加の皆さんが喜ぶサービスがたくさんありましたheart04

 

調教を見学した後は、施設見学と体験乗馬horse

Photo_23

乗馬苑では、JRA装蹄師による実演もsign01 皆さん興味津々でしたねeye

 

そしていよいよ、注目の領家 政蔵厩舎訪問ですdash

まずは、厩舎前で領家調教師を囲んでのインタビューを行いましたkaraoke

Photo_24

たくさんの質問に答えてくれた領家調教師。パドックで馬の調子を判断するにはどうしたらよいですか」という皆さんからの質問では、「パドックでは比較が大事。今回のパドック、前回のパドック、前々回のパドック・・・と、同じ馬を見続けることで、その馬の調子の良し悪しを判断できます。」と、馬券的中の一助(?)となるような回答もありましたwink

インタビューの後は、厩舎内の馬房を案内してくれました。

Photo_25

案内してくださった(写真左から)服部 剛史調教助手大久保 秀信調教助手scissors

優しく丁寧な案内に聞き入ってしまいますlovely

続いて、厩舎前にて装鞍を見せてもらいましたhappy01

Photo_26

リーガルアミューズに、実際に鞍をつけますhorse

鞍をつけながら、領家調教師の解説が入りますscissors

Photo_27

教え上手な領家調教師flair 一つ一つ分かり易く説明してくれましたcatface

Photo_28

また、厩舎訪問中に中京ヤングバトルシリーズ2010で優勝した国分 恭介騎手と、2009年の最多勝利新人騎手賞受賞松山 弘平騎手が駆けつけてくれましたsign03

Photo_29

最後に・・・。今回は、ビービーガルダンをパチリcamera

 

栗東トレセンでは今年も魅力あふれるGⅠ調教公開を実施していきますので、ドシドシご応募くださいねsign03

たくさんのご応募をお待ちいたしておりますhappy01

【栗東TC】天皇賞(春)調教公開&松永幹夫厩舎訪問ツアー

こんにちはsun大変遅くなりましたが、4月28日(水)の天皇賞(春)調教公開&松永幹夫厩舎訪問ツアーの模様についてお伝えしますshine参加の皆さんは、400名様以上の申し込みの中から幸運にも選ばれていますclover

直前まで雨が降っていましたが、スタートする頃には天気も回復。フォゲッタブルや直前に栗東へ入厩していたマイネルキッツなどの天皇賞(春)出走有力馬の調教を見学することができました。見学中には、2名のサプライズゲストに登場いただきましたsign03

まず、当ブログでもおなじみの岩田康誠騎手の登場ですscissors先週末は、皐月賞直前レースでの落馬の影響で騎手変更となったばかりでしたが、元気な姿を見せてくれました。

 169_2

次に登場したは、公私ともに絶好調の浜中俊騎手up天皇賞(春)に向けての意気込みを熱く語ってもらいました。

 170_3                                                                                                                       

施設見学・体験乗馬に引き続いては、皆さんお待ちかねの松永幹夫厩舎訪問です。厩舎前で、松永調教師を囲んでのインタビューからスタートですkaraoke皆さんが真剣に聞き入っているのがよくわかりますねhappy01騎手になられたきっかけやレッドディザイア号などの質問にお答えいただました。馬の調子の見方なんかも披露いただけましたよnote

173_2 

その後は、西橋調教助手にもお手伝いいただき、20頭を案内していただきました。レッドディザイアは放牧中(翌日に帰厩)でしたが、2歳馬2頭もすでに入厩してましたdash

174

約1時間の厩舎訪問は、記念集合写真の撮影で締めくくられましたcameraご覧のとおりの晴天で天気にも恵まれ、皆さん大満足の厩舎訪問となりましたnotes

185

【栗東TC】日本ダービー調教公開&白井寿昭厩舎訪問ツアー

こんにちはsign035月26日(水)に日本ダービー調教公開&白井寿昭厩舎訪問ツアーが行われましたsun今回は、その模様をお伝えしますrock

出走メンバーが非常に豪華だった今回の日本ダービーsign03ヴィクトワールピサ号などの皐月賞上位馬やトライアルレースの勝馬など、追切では有力馬をたくさん見ることが出来ましたhappy02

そして見学中には当ブログでおなじみ、岩田康誠騎手が駆けつけて下さいましたsign03ヴィクトワールピサ号騎乗予定で、非常に忙しい時間の合間を縫って駆けつけて下さった岩田騎手。日本ダービーに向けての熱い意気込みを語ってくださいましたsign03参加者の皆さんへのプレゼントとしてゴーグル、Tシャツにサインを書いてくださいましたshineいつもありがとうございますpresent

      Iwatakisyu

 

調教見学、施設見学の後いよいよ白井寿昭厩舎訪問ですsign03白井調教師は、家族の反対から1度は馬との関わりを断たれましたが、どうしても馬への思いを諦められず、大学を卒業されてから調教師になる道を選ばれました。

厩舎訪問では、最初に過去のGⅠレースの優勝レイやゼッケンなどを拝見させていただきましたup白井調教師はJRAGⅠレース通算12勝を挙げられており、部屋には所狭しと写真、優勝レイが飾られていましたwink その後質問タイムとなり、あいにくの小雨の中、白井調教師は快く質問に答えてくださいましたshineH10日本ダービー勝馬スペシャルウィーク号を始め、数多くの歴代管理馬のお話を伺えました。また、馬の体調と馬体重の関係性についてアドバイスもいただきましたsmile                    Siraikyuusya_3                                                          

お話の途中で、安田記念出走予定馬のライブコンサート号のお目見えもありましたsign03

003

 

その後、20頭の入厩している管理馬の案内もしていただきました。2歳馬も入厩しており、期待が大きく膨らみますねnoteちなみに、見つめ合っているこの馬たちは兄弟です(ピサノアルハンブラ号とピサノロダン号)shine

Siraikyuusya2

約1時間の厩舎訪問は集合写真で締めくくられましたwink

Siraikyuusya4

 

みなさん、普段は経験できない体験ができ、満足していただきましたsign03栗東トレセンでは、今後も魅力ある調教公開、厩舎見学を実施していきますのでたくさんのご応募お待ちしておりますsign03