【栗東TC】池江泰郎きゅう舎応援ツアー実施しました!!

気付けば1ヶ月空いていました・・・。

 

そろそろ栗東トレセンの存在が忘れられた頃ですね。

 

でも今回はすごいですよー。1ヶ月前のブログでちょっと宣伝したのですが、昨日池江泰郎きゅう舎応援ツアー」を実施したんです!

 

さすがあのディープのいた池江きゅう舎、応募もとんでもないことになりました。およそ20倍の倍率をくぐりぬけて当選された24名の皆様、おめでとうございます!

 

さてさて、競馬ファンならうらやましくなること間違いなしのこのツアー。その中身を少しご紹介。

 

 

まずは早朝、スタンドからトレセンの調教を見学。解説は華やかに細江純子さんです。そしてスタンドにゲスト騎手として熊沢騎手に来ていただきました。

P1000814

池江きゅう舎に縁のある熊沢騎手、この写真は熊沢騎手が500勝した記念に作ったジャンパーなんですが・・・。

 

普通に遠目で見ると馬の絵ですよね?近づいてよーく見てみると・・・実は一つ一つはクマの絵なんですよ!わかりますかね?可愛いですよー。

馬でクマな黄色いジャンパーは、調教中の熊沢騎手のトレードマークとなっています。

 

そしてもう一人、ゲストが登場。オークスをローブデコルテで制した福永祐一騎手です!写真のような感じでインタビューは行われているんですねー。

P1000885

ちなみに細江純子さんと福永騎手は競馬学校の同期生。とってもテンポの良いトークは同期生ならではですね。印象的なお話を一つご紹介しますと、最近ジョッキーの中でタカラヅカにはまっている人が多いそうで、福永騎手もその一人だそうです。栗東タカラヅカ部を結成しているとかいないとか!?

 

そして!いよいよ池江きゅう舎に潜入です。

P1000820_2

まずきゅう舎に行って、池江調教師、赤いブーツが素敵なディープでお馴染み池江敏行調教助手にご挨拶。なぜかお二人ともカメラを向いて下さったショットです。

 

 

 

 

 

 

P1000824_2

そして実際馬房を見学します。このきゅう舎ツアー以外では入ることのできないきゅう舎内。競走馬をこんな近くで見ることもまずないですよね。まずびっくりしたのは、池江きゅう舎の馬たちはどの馬もとってもおとなしい!人懐っこい馬が多く、本当に可愛かったです。

 

といってもサラブレッド。記録写真を撮影していた私はもちろんストロボは焚かず(突然の光に馬はびっくりしてしまうのです)、最近のデジカメの性能の良さに助けられながらなんとか撮影していたのですが、池江調教師がサラッと一言。「うちの馬はフラッシュくらいじゃ驚かないから大丈夫よ。慣れてるからね。」

 

えーっ!!

 

さすがは名門きゅう舎。馬たちがフラッシュに慣れるというのもすごいです。

 

P1000837_2

続いてディープでお馴染み市川きゅう務員です。池江調教助手とまさしくディープコンビのお二人のショット。カリスマきゅう務員市川さんがたわむれているのは、現在市川さんが担当しているバトルバニヤンです。そしてこの馬房はディープの入っていた馬房。バトルバニヤンはゲート難で未出走なんですが、この馬がめちゃひょうきん!お客様に囲まれると「かまってかまって!」と言わんばかりに、いなないたり甘噛みしたりとおどけっぷりを炸裂させていました。市川さんは「僕が担当する馬はなぜかひょうきんな馬が多いんですよね。僕のキャラがうつるのかな。」なんて言っていました。

 

 

P1000895そして、場所を改めてスタンドで池江調教師にインタビュー。ディープの話はもちろん、ステイゴールドニュービギニング、今後入ってくる期待馬の話など盛りだくさん。参加者の方が持参した色紙や記念馬券にサインしていただいたり皆さん大満足でした。

 

 

また、池江調教師からは、池江調教師、武豊騎手のサイン入り「ディープ応援ありがとうレプリカゼッケン」を提供していただき、参加者の方に抽選でプレゼントしました。これは貴重です!!

 

 

 

 

Pa1000908_2

とっても豪華な内容のツアー、少しだけご紹介してみました。最後に、今回の「池江泰郎きゅう舎応援ツアー」を実施できたのも、池江泰郎調教師、きゅう舎の皆様はじめ多くの方々のご協力があってのことだと思います。この場をお借りして御礼申し上げます。